転職ロード
2017年1月27日

地元に帰ってUターン転職

求人や給与水準などUターン転職こそ情報収集が大切です。
編集部

転職をするにあたって働きたい地域を選んで転職活動を行うことがありますが、地元に帰って転職活動を行うUターン転職という道があります。このUターン転職にも転職活動を成功させるためのポイントがあります。

Uターン転職を選ぶポイントやメリット

Uターン転職を選ぶポイントとして挙げられるのはまず初めに住み慣れた地元で生活したいという理由です。数年間東京で勤務した人が都会の生活はそろそろいいかなと思い始めた時にUターン転職を考える人が多いです。また、両親が年を取り介護や近くで面倒をみたいと考える人が地元に戻って転職活動を行うこともあります。その他にもUターン転職にはメリットがあります。まずは通勤面です。都心部での通勤はJRや私鉄、地下鉄などを乗り継ぎラッシュアワーの人波に飲まれながら1時間以上かかるのが当たり前ですが、地方では渋滞やラッシュアワーに巻き込まれることなく車でスイスイ30分ほどの通勤時間で移動することができます。その他にもUターン転職の場合、住み慣れた地元の快適な環境で仕事が出来るためストレスも都心部に比べ少ないことは間違いありません。Uターン転職は自治体からのサポートが受けられる場合もあるので自分の地元の制度を調べてみましょう。

Uターン転職こそ情報収集が必要

Uターン転職はただ地元に戻って転職活動を行うイメージがあると思いますが、Uターン転職こそ情報収集が大事な要素を占めます。情報収集をせずに安易に退職してから地元で転職活動を行うと大きな失敗をしてしまうことが高いです。まずは希望の求人が無いことです。東京などの大都市圏は仕事もたくさんありますし、求人もたくさんあります。しかし地方は元々の仕事も少なく大都市圏と比べて求人は大幅に減ってしまいます。そのため自分が希望している職種が無く、以前と同じ職業に就けない可能性もあります。そのため、転職活動を始める前に自分の希望する求人が地元にあるかチェックしてみましょう。給与水準も違います。東京ではそこそこの年収をもらっていた人が地元に戻って転職したら給与が低くなり年収が大幅ダウンしてしまうこともあります。Uターン転職は給与が下がることも覚悟のうえそれでも地元に戻りたいか考えることも大切です。その他にも車通勤のため自動車免許が必須だったり、古い体質の会社もあるのでUターン転職こそしっかりと情報収集してから踏み切るべきです。

Return Top