転職ロード
2012年5月20日

40代過ぎたら転職よりも業務委託のほうが狙い目ですか?

40代を過ぎると業務委託のほうが転職よりもおすすめです。中高年の40代を過ぎた人におすすめの役員付け運転手についてご紹介しましょう。
編集部

40代を過ぎると業務委託のほうが転職よりもおすすめ

ある程度の年齢になると、転職よりも有利になる働き方があります。

40代を過ぎた人におすすめの役員付け運転手

40代を過ぎると業務委託のほうが転職よりもおすすめです。中高年の40代を過ぎた人におすすめの役員付け運転手についてご紹介しましょう。

中高年者の人の方が合っている職種

役員付け運転手の仕事は、中高年者の人の方がある意味で合っている職種ではないでしょうか。20代のような若い人の場合には、後ろに乗る役員も心配になるかも知れません。人生経験もある年相応の人の方が心配なく任せられる職種でしょう。

役員付け運転手の雇用スタイル

雇用スタイルは役員付け運転手の場合、大きく分類すると2つに分けられます。直接役員の会社に雇用されるスタイルと、業務委託というアウトソーシングのスタイルで職務に外部の運転手に当たってもらうものです。雇用条件等は、いずれも契約する会社に準じるため、応募する際に十分に確認が必要です。景気が最近は回復しており、役員付け運転手に対する求人も増えてきているそうです。 しかしながら、将来的にどのように社会状況が変化するか分かりません。会社の業績が厳しくなった場合、経費節減の一番先の部署になるのが役員付け運転手です。このため、仕事を業務委託としてする方がいいかも知れません。

役員付け運転手の待遇や年収

では、待遇や年収についてはどうなのでしょうか? 待遇や年収については会社次第になります。どこの会社もできるだけ節約しようと考えています。それほど期待は大きく持たない方がいいかも知れません。しかしながら、仕事をする場合には生活がかかっているため、できるだけ条件のいいところを見つけるのが普通でしょう。比べることができるのであれば、十分に比べて検討して選びましょう。聞いていたのと違っていたと、後から言っても遅くなります。

バランス感覚とコミュニケーションスキルが必要

このように、中高年者にとっては役員付け運転手の仕事は相当魅力があるものではないでしょうか。難しい能力や知識は、この仕事をする場合にそれほど必要ではありません。必要なものと言えば、運転するテクニックよりもしっかりとどのような人とでも応対することができるバランス感覚とコミュニケーションスキルではないでしょうか。自分がトップであると思っているような人の場合には、少し無理かも知れません。車の中では運転手というのは石ころのようなものです。社内で耳にする大切な話を外部に話すことはできません。バランス感覚のある人に適した職業でしょう。

Return Top