転職ロード
2013年8月11日

不惑の40代。転職するならどんな資格があると有利ですか

40代で転職する場合にはどのような資格が有利になるのでしょうか?資格は取ればいいのではなく、転職する場合に有利な資格とそうではない資格があります。
編集部

40代で転職する場合にはどのような資格があれば有利になるか

40代で転職する場合にはどのような資格があれば有利になるのでしょうか?

転職する場合に有利な資格とそうではない資格がある

40代で転職する場合は、それからのビジネスキャリアに対しても非常に影響を与えるため、将来の自分につながる転職にしたいと思うのは当然でしょう。そのため、転職をキャリアアップにつながるようにするために、資格として自分に価値づけができるようなものを取る人も多くいるのではないでしょうか。しかしながら、資格は取得すればいいということではなく、転職する場合に有利な資格とそうではない資格があります。ここでは、転職する場合の資格について見ていきましょう。

転職を40代する場合に有利な資格

転職を40代でしようと思った場合に有利な資格としては、一般的にどのようなものがあるのでしょうか?男性の場合には、中小企業診断士、行政書士、フィナンシャルプランナー、知的財産管理技士、社会保険労務士、女性の場合には、医療事務、簿記、介護職員初任者研修、社会福祉士、CAD利用技術者などが割合ニーズが多くある資格になります。

専門スキルに直結するような資格

しかしながら、ほとんどの40代の転職が、キャリアを今まで築いてきた職種や業界であることを考慮すれば、仕事にこのような資格が実際に役に立つかということが大切なポイントになります。資格は専門スキルに直結するようなものであれば、会社の雇用担当者も分かりやすいですが、仕事で資格を取るために学習したことがどのように活用できるかを、そうでない場合は説明をきちんと行っておくことが大事です。

一貫性のある資格を取る

また、資格マニアと言われるように、いろいろな資格を取っている人も多くいますが、必ずしも転職にその資格が役に立つとは限らないという事実があります。資格を取っていることが、仕事をする場合に即戦力になるという証になるとは限っていません。むしろ、一貫性なく資格を取るのは、やりたい仕事がはっきりしていないと、マイナスに評価される可能性が大きくなります。 転職に有利な資格を40代で取ろうと考えるのであれば、その後の自分のキャリアビジョンをはっきりして、すぐに役に立つ資格か、それとも将来のために取っておくべき資格かをよく検討して、挑戦するようにしましょう。また、名称を資格欄に記載するのみでなく、資格をどのような目的で取って、将来的にどのように活用したいかを自己PRの文中に入れ込んでおくようにしましょう。

Return Top