転職ロード
2015年3月31日

医療事務へ転職したい!資格は必要?職業訓練、医療事務コース

医療事務へ転職する場合、ハローワークの職業訓練に通ったり、医療事務の資格を取得することで転職しやすくなります。
編集部

医療事務へ転職

医療事務へ転職する場合、募集要項で見かけることが多いのは、「医療事務経験者優遇」の文字です。医療事務は病名や薬の知識など覚えなければならないことが多いため経験が必要で、まったく未経験だと採用が難しくなります。応募する前に、通信教育でもいいですから資格を取得しておいた方がよいでしょう。

医療事務は未経験

医療事務で未経験者の場合は、まず資格を取得することです。独学でも勉強できないことはありませんが、履歴書の資格欄に記入するためにも、医療事務とはどんなものかを学んでおく必要があります。それと病院に直接応募するよりは、派遣などで経験を積むことです。経験がなければ、書類選考で落とされます。

医療事務の職業訓練

ハローワークの職業訓練に、3ヶ月間の「医療事務コース」があります。年齢は、20代~50代ぐらいの人までと幅があります。職業訓練は自由にいつでも受けられるというものではなく、募集時期は決まっていますし、倍率は地域によって差があるのでご確認ください。雇用保険の受給対象者であれば、受講しやすくなります。

医療事務の派遣

派遣会社でも医療事務の仕事を扱っていますから、未経験の人は派遣登録した方がいいかもしれません。応募条件には、医療用語が独特であることから医療機関での経験を求める求人は多いですけど、根気強く探せば未経験でも募集しているところは見つかるでしょう。どうしても見つからない場合は、医療関係の事務職を探すという方法もあります。

医療事務の資格を取得

医療事務の資格は、通信教育でも取得することができます。ただし、誰でも取れる民間資格なので、面接に来る人の数が多くなれば競争率は高くなります。特に、医療事務の仕事はパートやアルバイトでできるところが多いことから、辞める人が少ないのが現状で、求人数は少なくなっています。医療事務の資格以外に、パソコンのスキルが高いとか、外国語が話せるというようなほかのスキルを組み合わせて面接に臨みましょう。

パソコンのスキル

病院は、患者のデータなどをパソコンで管理していますから、医療事務にはパソコンのスキルが必須です。病名や薬の名前などは正確に打ち込む必要があるため、パソコンの操作に慣れていないと実際の仕事に就いたときに苦労します。その点、事務職についていた人であれば、パソコン操作には慣れていそうですから、採用率も上がるのではないでしょうか。

Return Top