転職ロード
2014年5月18日

研修制度の充実した会社で働きたい。どんな支援制度がありますか?

支援制度として、入社したばかりの社員を対象にした「新入社員研修」、フォローアップ研修やキャリアプラン制度などがあります。
編集部

研修制度のある会社

転職後のスキルアップを考えたときに、研修制度の充実した会社に入社すると、技術を磨くことができます。研修制度があるのは、技術系の企業が多いですから、手に職をつけたいと考える人は、募集要項に「研修制度あり」と明記してある会社を探してみてください。

新入社員研修

研修制度で多いのは、入社したばかりの社員を対象にした「新入社員研修」です。学校を卒業したばかりでわからないことが多いですから、ビジネスマナーや電話の応対などについて基礎的なことが学べます。なお、入社して3ヶ月程度を使用期間としている企業は多いですから、新入社員研修はその間に習得することになります。

フォローアップ研修

新入社員以外の社員に対しても、随時コミュニケーション力を磨くための研修とか、取引先相手に対するプレゼンテーション力をつけるための「フォローアップ研修」を行う企業があります。すべての社員に対して教育が行き届いている会社であれば、会社員ひとりひとりのモチベーションも上がるのではないでしょうか。

キャリアプラン制度

課長以上の役職を持つ社員や幹部候補生に関しては、社員を管理するマネジメント力が必要になってくるため、その会社独自の「キャリアプラン制度」を導入しているところがあります。キャリアプラン制度を受けることによってリーダーシップが発揮できるようになるでしょう。

マネジメント力

課長などの役職がつくと、自分の仕事の成果を上げること以上に、部下やアルバイトなどを管理する能力が求められます。上手に管理できないと、仕事の業績を伸ばすことができません。マネジメントスキルには、部下に対するコミュニケーション力や、取引先相手に対するプレゼンテーション力などが含まれます。

プレゼンテーション力

プレゼンテーション力というのは、おもに取引先に対して自社商品の価値などをアピールする能力のことです。どんなに商品が優れていたとしても、プレゼンテーション力が低いと競合他社に負けてしまいますから、商品の良さをわかりやすく伝えることのできる宣伝力というのは不可欠です。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルというのは、協調性や柔軟性、忍耐力などのような人間的なものを言います。いくら仕事ができても、部下に尊敬されるような人間的なものが優れていないと、素直に仕事の指示に従ってもらえません。ヒューマンスキルまで面倒を見てくれる会社は少ないですが、その会社のリーダーとなるような人材であれば、磨いておいた方が良いスキルのひとつでしょう。

Return Top