転職ロード
2011年1月24日

レジュメが簡潔に書けません。読みやすいレジュメ作成の秘訣を教えて

読みやすいレジュメとは、最終結論をいうと子供でも理解できるレジュメです。難しい表現を避け、結論を明確にして文章作成を行いましょう。
編集部

レジュメについて

レジュメとは、主にレポートや会社の書類などのことを指しています。情報をまとめてプリントしたものをそう呼ぶことが多く、会議やディベートで使うことが多いです。近年は文章を書くのが苦手な方が多く、実際にレジュメが上手く作れないという方も多いです。その為、代行して作成する企業なども増えているので、そちらに依頼するということもおすすめです。

読みやすいレジュメ

情報が簡潔にまとまっていて、必要な情報だけを的確に示しているのがレジュメの本来のあり方です。読みやすいレジュメを作るだけでも、会社での評価は上がりますし、自分の知識の整理にも使えて便利です。まずは、良いレジュメを作るという事は忘れて、情報をまとめるという事だけを行ってみて下さい。そこから上手に作る秘訣が見えてきます。

レジュメに必要なもの

レジュメを読みやすく作るには、まずはレジュメに必要なものを知らなくてはなりません。例えば、会議の資料を作っているとして、そこに必要な情報を洗い出します。この時、自己紹介や趣味などは必要ありませんよね。そういった単純に「必要なもの」「必要ではないもの」を判断して、情報にまとめていけば、より良いレジュメを作ることができますよ。

簡潔かつ良いレジュメの作り方

レジュメというのは簡潔かつ読みやすく、それでいて情報がまとまっていることが必要です。文章が苦手な方は、まとめることはせず、無駄に情報量が多くなってしまったり、冗長な表現が多くなってしまいます。それらを回避して、簡単にまとめることこそが最大の秘訣です。一番心がけるものとしては、小学生でもわかる文章でまとめるという事です。中には難しい言葉を羅列する方も多いですが、「わかりやすい」というのが重要なことなのです。

結論を先に決める

簡潔にレジュメを作成できない方の多くは、結論が迷子になっていることが多いです。本来レジュメは結論をまとめるための物であり、それを話し合ったり、資料として使うのです。つまり、自分が表現したい内容を簡潔にまとめるには、結論を先に書くと良いのです。結論があると、そこに導くプロセスを書けば良いだけなので、簡潔にまとまることができますよ。

読みやすさを重視

自分が読むのではなく、相手の立場に立って「どのようなレジュメが読みやすいのか」を考えることも大切です。難しい言葉を使って表現してみたくなることがありますが、漢字が多すぎる文章や難しい表現が多すぎる文章は読み手に不快感すら与えてしまうかもしれません。基本的には子供が読んでもわかる内容にしましょう。

Return Top