転職ロード
2011年3月10日

ブラック企業の調べ方 入った後に悩まないために知っておきたい情報

転職の際にブラック企業を見極めるためのチェックポイントについてご紹介しましょう。入社した後に悩まないためにもブラック企業について知っておきましょう。
編集部

転職の際にブラック企業を見極めるためのチェックポイント

転職の際にブラック企業を見極めるためのチェックポイントについてご紹介しましょう。

ブラック企業の特徴

ブラック企業の特徴についてご紹介しますので、このような特徴がある企業は注意しましょう。 残業時間が多くて長いケースで、例えば、曖昧な残業時間しか記載していないような企業は注意しましょう。 大量雇用の求人を頻繁に出しているような企業は注意が必要です。仕事が嫌であれば辞めてもらっても結構 というような会社では、安心して仕事をすることができません。女性の立場からすると、育児休暇制度などを利用する ことが困難な職場と言えます。 給与額が10万円~30万円などというような記載を見れば、給与の高い方につい目を向けたくなりますが、ほとんどの場 合は結果を余程出さない限り、高い給与は支給されないでしょう。 夢、成功など、言葉の精神的なものをアピールする会社は、イメージを偽っていることもあるため注意が必要です。 労働契約を締結する際は、法律によって書面で労働条件を掲示する必要があります。そのため、労働条件を提 示するのを怠っているような会社は注意しましょう。 何度も過去に、過労死やパワハラ・セクハラなどのトラブルが報道されているような企業は、やはり注意せざるをえま せん。表面化しているトラブルは氷山の一角であり、トラブルが続いているような企業は注意が必要です。

ネット上にある情報

現在は、社内いじめや過労死などが発覚すれば、ネット上にすぐに話題になる場合も多くあります。このような情報は 匿名であるためデマもあると知ったうえで、参考にするといいかも知れません。

ブラック企業だと女性が思うのはどのような時か

では、ブラック企業だと女性が思うのはどのような時なのでしょうか? 激しい人の出入りがある企業は何かトラブルがある、入社した当時100人ほど同期がいたが、現在は20人くらいしかい ないと先輩から聞いたため、などのように離職率が高い場合です。 給料がアップしない、給料が入社した頃と変わら ない、ずっと新卒並みの給料、などのような場合です。 休日がなかなかとれない、上司は休日出勤・深夜残業が当た り前、などのように休日がない場合です。福利厚生があってもなかなか使えない、妊娠した人は強制的に辞めさせられ る、などのように福利厚生がない場合です。

ブラック企業について知っておきましょう

このような場合には、女性はブラック企業だと感じるようです。転職する場合には、入社した後に悩まないた めにもブラック企業について知っておきましょう。

Return Top